高田保馬顕彰会とは

 三日月町が生んだ第一級の社会学者・経済学者・歌人でもある高田保馬博士のご業績とご遺徳を顕彰し、次世代に語り継ごうと、町内有志の方々により平成6年12月に設立されました。
 この趣旨を生かすため、博士に関する文献や資料を収集すると共に、青少年育成と地域文化の向上に寄与することを目的に活動しています。

高田保馬博士をたたえる会

 顕彰会活動の一環として「高田保馬博士をたたえる会」を毎年2月、三日月町内は勿論県内各地から、幼、小、中、高校、一般の方々の参加のもとドゥイング三日月で開催しています。

書道・文学作品(詩・短歌・俳句)コンクールの実施と表彰

(応募総数 書道1476点  文学作品 456編)

アトラクション

  • 書のパフォーマンス(三日月町書道愛好会) 佐賀北高校校歌書吟(博士作詞)
  • コーラス(三日月町うたごえクラブ)「ふるさと」など
  • 一人芝居「高田保馬博士の友情物語」

三日月小、中学生による意見発表「高田保馬博士に学んだこと」など

「顕彰会だより」の発行

「高田保馬博士をたたえる会」の内容を中心に顕彰会の活動内容を編集し、三日月町内全戸や有志の方々に配布しています。